×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきびの原因

にきびというのは余分な皮脂分泌が原因となって、毛穴が詰まってしまうことでおこる皮膚の炎症です。にきびといえども軽く考えずに皮膚の病気ときちんと捉えて治療をすることが大切です。にきびの原因には色々あります。それはにきびの種類によって違ってきます。ひとつはにきびの初期症状にあたるもので、白にきびといいます。これは毛穴が詰まって皮膚の表面に白く盛り上がった状態になることです。毛穴が閉じてしまうことが白にきびの原因です。日常の洗顔を適切に行い、皮脂がきちん排出されるようにして毛穴が閉じないようにすることが大切です。次に黒にきびですが、毛穴内に詰まった皮脂が毛穴の外に押し上げられて、毛穴が開き入り口のところで酸化して黒ずんでいる状態です。毛穴が詰まったり、余分な皮脂が分泌されることがこの黒にきびの主な原因です。赤にきびは軽症の白にきびや黒にきびを放っておいて毛穴に炎症をおこしてしまった状態です。ここまで悪化してしまうと、日々の洗顔や食事のコントロールでは治りにくくなってしまいます。そしてストレスによってますます悪化してしまう危険性があるのです。そして「化膿にきび」とはこの赤にきびが悪化してしまった状態をいいます。化膿にきびにはアクネ菌が深く関係しています。アクネ菌は皮膚を栄養にして増殖する菌で、炎症をおこしている毛穴の内部を化膿させます。この状態になると痛みや痒みもおこってくるでしょう。一口ににきびと言ってもこのようにその状態には段階があるのです。ひとつひとつの症状にふさわしい治療をしていくことが大切ではないでしょうか。

にきびの予防

一番にきびの予防に効果的なのは正しい洗顔をすることです。まず肌を清潔にすることが大切ですので、メイクはしっかりと落としましょう。ただし油分の多いクレンジング剤は油分の多くなっている肌には好ましくありません。拭き取るタイプよりも肌への負担が少ない洗い流すタイプのものがおすすめです。そして油分が多すぎず少なすぎないものを選ぶようにしましょう。弱酸性の洗顔料など刺激の少ないものを選ぶのも大切なことです。スクラブ洗顔料などは肌に負担をかけますので避けたほうが無難です。次に洗顔の方法です。汚れをしっかり落とそうとしてゴシゴシこするのはやめましょう。そうすると肌を痛め、にきびを悪化させてしまうからです。はじめに髪の毛をまとめて顔にかからないようにしておきましょう。生え際の洗い残しは毛穴をふさぐ汚れにつながってしまいます。次に毛穴を開くために人肌くらいのぬるま湯で洗い、汚れを落としやすくします。そして洗顔料をよく泡立て、顔の中心から外側にむかって洗っていきます。あまり力をいれずに丁寧に洗うようにしましょう。最後はぬるま湯で洗い流します。このとき肌をこすらないようにしましょう。タオルで水分を取るときも肌をおさえるようにしてふきとりましょう。このような正しい洗顔はにきびの予防・改善に効き目がありますので毎日実践してきれいな肌をめざしましょう。

にきびに効く化粧品

にきびは治ってもにきび跡が残ってしまうことがあります。特ににきびがひどくなり赤にきびになってしまい、にきび跡が残ってしまったり、クレーターと呼ばれる陥没したにきび跡になってしまうこともあります。このにきび跡に効く化粧品はビタミンC誘導体配合の化粧品とピーリングが効果的です。ビタミンC配合の化粧品は高い抗酸化作用があり、活性酸素を取り除いてくれます。そうすることで皮脂の酸化を防ぎ、皮脂の分泌を抑えるのでにきび予防やにきび跡によく効くのです。さらにコラーゲンを促す働きもあります。これによりみずみずしいハリのある肌になっていくのです。ただし炎症をおこしたり、かゆみが出たりしたら肌に合っていないということですので、使用を中止しましょう。にきび跡を隠したいからといってカバー力の強いリキッドファンデーションを選ぶとにきびがひどくなることがあります。ファンデーション選びには充分な注意が必要だといえるでしょう。なるべく薄づきのファンデーションを選びましょう。もしにきびの赤みがどうしても気になるとい場合は、コンシーラーなどを使うと良いでしょう。化粧品はとにかく刺激の強いものを避け、油分は控えめなものを選び、化粧水をたっぷりつけることが大切です。化粧品は自分の肌に合ったものを上手に選びたいものです。

Copyright © 2007 にきびに効く化粧品選び

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。